がめつい(読み)ガメツイ

デジタル大辞泉「がめつい」の解説

がめつ・い

[形]けちでがっちりしている。利益を得ることに積極的で抜け目がない。「―・く金をためる」
[補説]関西方言をもとにした造語か。昭和34年(1959)初演の菊田一夫の戯曲「がめつい奴(やつ)」から流行語として広まった。
[派生]がめつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「がめつい」の解説

がめつ・い

〘形口〙 利益に対してぬけめがない、欲が深い、けちでそつなくかせぐ、がっちりしている、などの意。
[語誌]昭和三四年から三五年にかけて公演された菊田一夫作の戯曲「がめつい奴」以来、流行語として広まった。
がめつ‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android