がめつい(読み)ガメツイ

デジタル大辞泉「がめつい」の解説

がめつ・い

[形]けちでがっちりしている。利益を得ることに積極的で抜け目がない。「―・く金をためる」
[補説]関西方言をもとにした造語か。昭和34年(1959)初演菊田一夫戯曲「がめついやつ」から流行語として広まった。
[派生]がめつさ[名]
[類語]欲張るむさぼるがっつくむさぼり食う欲しがる欲の皮が張る欲深い欲張り欲深貪欲強欲胴欲慳貪あこぎ多欲貪婪業突く張り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「がめつい」の解説

がめつ・い

〘形口〙 利益に対してぬけめがない、欲が深い、けちでそつなくかせぐ、がっちりしている、などの意。
[語誌]昭和三四年から三五年にかけて公演された菊田一夫作の戯曲「がめつい奴」以来、流行語として広まった。
がめつ‐さ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android