ぎや・ど・ぺかどる

世界大百科事典 第2版の解説

ぎや・ど・ぺかどる

日本イエズス会出版のキリシタン版の一つ。1599年(慶長4)日本学林(コレジヨ)で印刷。原著はスペイン人修道士ルイス・デ・グラナダの《Guia de pecadores》(1555)。本書はポルトガル語訳《Guia do pecador》の日本語抄訳で,上下2巻,2冊からなる。欧字欧文入りで,初めて,でうすなど4語の洋語略符号を交えた漢字ひらがな本。表題の下に〈罪人に導くの儀也〉とあるように,信仰修養の書として知識階層のキリシタンに広く読まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android