こちんこちん(読み)コチンコチン

デジタル大辞泉の解説

こちん‐こちん

[形動]
物が乾いたり凍ったりして、かたいさま。「こちんこちんに凍る」
緊張して心に余裕がないさま。「面接試験でこちんこちんになる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちんこちん

( 形動 )
〔「こちこち」を強めて言う語〕
物が凍ったりひからびたりして堅いさま。かちんかちん。 「乾いて-になった餅」
人がゆとりや柔軟性がないさま。 「緊張して-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こちん‐こちん

(「こちこち」を強くいった語)
[1] 〘副〙 頑固で融通のきかないさまを表わす語。
※星座(1922)〈有島武郎〉「こちんこちんした不愛憎な男だ」
[2] 〘形動〙 かたいさま。緊張して、動作や話し方がかたくなるさま。
※偽原始人(1976)〈井上ひさし〉暗殺リスト「ぼくのアタマは問題用紙の前では〈略〉コチンコチンに固くなってしまうのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android