こりこり(読み)コリコリ

デジタル大辞泉の解説

こり‐こり

[副](スル)
かたくて歯ごたえのあるさま。また、それをかんだときの音を表す語。「たくあんのこりこりした歯触り」
かたく締まって弾力のあるさま。「こりこりした腕の筋肉」
凝ったりして、筋肉などがかたくなっているさま。「肩が張ってこりこりしている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こりこり

( 副 ) スル
少しかたくて歯切れがよいさま。また、それをかむ音を表す語。 「 -した奈良漬をかむ」
筋肉がかたくしまり、弾力があるさま。 「 -した肉づきの身体」
身体の一部が凝って、かたい塊りができたように感じるさま。 「首筋が凝って-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こりこりの関連情報