コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こりこり コリコリ

デジタル大辞泉の解説

こり‐こり

[副](スル)
かたくて歯ごたえのあるさま。また、それをかんだときの音を表す語。「たくあんのこりこりした歯触り」
かたく締まって弾力のあるさま。「こりこりした腕の筋肉」
凝ったりして、筋肉などがかたくなっているさま。「肩が張ってこりこりしている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こりこり

( 副 ) スル
少しかたくて歯切れがよいさま。また、それをかむ音を表す語。 「 -した奈良漬をかむ」
筋肉がかたくしまり、弾力があるさま。 「 -した肉づきの身体」
身体の一部が凝って、かたい塊りができたように感じるさま。 「首筋が凝って-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

こりこりの関連キーワードべったら漬け白神あわび茸野母んあじキリンサイオゴノリキクラゲイワヅタ懲り懲りタニシナマコ歯触り稗粒腫歯応え山水母クラゲ子袋首筋

こりこりの関連情報