こちこち

精選版 日本国語大辞典「こちこち」の解説

こち‐こち

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることが多い)
堅いものをたたく音、また、堅いものどうしが軽く触れ合う音を表わす語。
俳諧・破邪顕正返答(1680)「ふくろに入たるかづらきの峰 こちこちと山ぶしのうつ火うちいし」
時計など、規則正しく動く機械の小さな音を表わす語。
軍歌戦友(1905)〈真下飛泉〉「時計ばかりがコチコチと 動いて居るも情なや」
③ 水分や脂肪などが、なくなったり凍ったりして堅くなったさまを表わす語。〔名語記(1275)〕
※春六題(1921)〈寺田寅彦〉五「手足の指等は〈略〉冷え凍えてこちこちして居る」
④ 固くこりかたまっているさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)一二「賈島が詩も険陋と云たぞ しぶってこちこちとしてあぶないことを作ぞ」
⑤ 緊張して、体や気持がかたくなるさまを表わす語。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「箆棒に長く呼出されてコチコチした相撲を御覧に入れ」
⑥ (「こちごち」とも) 茶などの濃いさま、濃厚なさま、転じて、仲のよいさまなどを表わす語。こてこて。ごてごて。
四河入海(17C前)一七「さて、只茶をこちこちとたててくれらるるほどに」
※雑俳・末摘花(1776‐1801)二「後家と坊さまこちこちとした同士
[2] 〘形動〙
① (一)③に同じ。
※不良児(1922)〈葛西善蔵〉「こちこちになった飯粒が喰付いてゐた」
② (一)⑤に同じ。「こちこちになって舞台に立つ」
③ 頑固で融通のきかないさま。
※舗道雑記帖(1933)〈高田保〉ヨーヨー時代「非常時非常時ばかりなので、眼も耳もこちこちになってしまった折柄に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「こちこち」の解説

こち‐こち

[副]
かたい物をたたく音、また、かたい物とかたい物とが触れ合う音を表す語。
「細い杖の先で合土たたきの上を―叩いて」〈漱石虞美人草
時計が時を刻む音を表す語。かちかち。「時計がこちこち(と)を刻んでいた」
[形動]
物が干からびたり凍ったりして、ひどくかたくなったさま。「こちこちになったもち
緊張して心のゆとりをなくすさま。「面接官の前であがってこちこちになる」
頑固で融通のきかないさま。「趣味のないこちこちな男」
アクセントチコチ、はコチコチ
[類語]堅いこわ硬質堅硬生硬硬直かちかちがちがちかちんかちんハードかたさ硬化剛性ごつい厳つい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android