コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こちこち コチコチ

デジタル大辞泉の解説

こち‐こち

[副]
かたい物をたたく音、また、かたい物とかたい物とが触れ合う音を表す語。
「細い杖の先で合土(たたき)の上を―叩いて」〈漱石虞美人草
時計が時を刻む音を表す語。かちかち。「時計がこちこち(と)秒を刻んでいた」
[形動]
物が干からびたり凍ったりして、ひどくかたくなったさま。「こちこちになった餅(もち)」
緊張して心のゆとりをなくすさま。「面接官の前であがってこちこちになる」
頑固で融通のきかないさま。「趣味のないこちこちな男」
[アクセント]チコチ、はコチコチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちこち

[0] ( 形動 )
物が堅く固まったさま。かちかち。 「粘土が乾いて-に固まる」 「 -に凍る」
緊張して堅くなるさま。 「面接試験で-になる」
かたくなで、人と協調しないさま。 「 -の頑固おやじ」
[1] ( 副 )
時計が作動している音を表す語。かちかち。 「 -(と)時を刻む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こちこちの関連キーワード入れ花・入れ端かちんかちんこちんこちんアクセントかちかちたたき面接官石頭時計

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android