生硬(読み)セイコウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐こう〔‐カウ〕【生硬】

[名・形動]態度・表現などが、未熟でかたい感じがすること。また、そのさま。「生硬な訳文」
[派生]せいこうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいこう【生硬】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
(文章などが)未熟で十分に練れていない・こと(さま)。 「 -な文章」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐こう ‥カウ【生硬】

〘名〙 (形動)
① 世なれないで頑固(がんこ)なこと。ぶこつなこと。また、そのさま。
※星巖集‐丙集(1837)竹兜集・聞子成訃音詩以哭寄三首「骨将北地、瑰奇才殆亜東坡」 〔北史‐辛昂伝〕
文章などが未熟でかたい感じのすること。また、そのさま。
※白石先生手簡(1725頃)七「『攻戦涿鹿』の攻字、硬たるやうに思召候由被仰下候につき、とくと見候へば、いかにもいかにも生硬に覚候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生硬の関連情報