コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こどもの城

2件 の用語解説(こどもの城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

こどもの城

東京都渋谷区にあった大型の児童育成施設。1979年の国際児童年を記念して計画され、1985年11月に開館。宿泊施設や劇場も備え、スポーツ、創作などさまざまな子どものための講座やイベントを展開。全国の児童館の中核的役割を果たしたが、2015年2月1日をもって閉館。併設の青山劇場青山円形劇場も同年1月もって閉館した。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こどもの城
こどものしろ

1985年(昭和60)11月から2015年(平成27)2月まで渋谷区(東京都)にあった、日本で唯一の国立総合児童センター。全国に4318か所(厚生労働省「平成23年社会福祉施設等調査の概況」)ある児童館のセンター館として位置づけられていた。財団法人児童育成協会が国の委託を受けて運営。地下4階地上13階建ての建物は敷地面積9900平方メートルで、延べ床面積4万1700平方メートル。体育室とプール、劇場、造形スタジオ、音楽スタジオ、ビデオライブラリー、プレイホールなどからなり、児童館活動部門、保育研究開発部門、小児保健部門、劇場部門、宿泊・研修室部門があった。総入館者数は、およそ2800万人。また、中核事業の一つとして1994年に始まった、全国の児童館を巡回し、支援や研修を実施する「動くこどもの城」は、約20年間で実施件数767に上る。
 こどもの城は、1979年(昭和54年)の国際児童年を記念して、厚生省(現、厚生労働省)によって児童福祉法に基づく大型児童館として計画された。当時は核家族化が進み共稼ぎ世帯が急増するなかで、子育て環境や子供の遊びが急速に変わりつつあった。そうした状況で「遊びこそ文化の原点、成長に欠かせない栄養」という観点から、さまざまな遊びのプログラムを開発、検証し、センター児童館として全国の児童館に発信した。閉館までの活動によって新たに創造された子供の遊びプログラムは、3500以上に上る。また、児童館職員や保育士をはじめ、子供の成長にかかわる専門職、ボランティアなどの人材育成を担ってきた。近年は、子供の遊び方や遊び場の多様化、地域における子供の生活環境の整備が進んだことで、センター児童館としての役目を終えつつあった。さらに、建物が老朽化し、維持管理が困難となっていたことから、閉館が決定した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こどもの城の関連キーワード東京都渋谷区上原東京都渋谷区恵比寿東京都渋谷区大山町東京都渋谷区渋谷東京都渋谷区神南東京都渋谷区道玄坂東京都渋谷区初台東京都渋谷区東東京都渋谷区広尾東京都渋谷区本町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こどもの城の関連情報