コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごぜ唄 ごぜうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ごぜ唄
ごぜうた

盲目の女芸人の芸能。「ごぜ節」ともいい,三味線伴奏による声楽であるが,古くは鼓によったものともいわれる。「ごぜ」は「瞽女」などの漢字をあてるが,盲御前 (めくらごぜん) の略ともいう。『看聞御記』の応永 25 (1418) 年の条に,盲目の女芸能者の存在の記録があり,古くは『曾我物語』などを語ったともいう。江戸時代には,男性の盲人の「当道 (とうどう) 職屋敷」の組織に対して,江戸,駿河,越後などに瞽女屋敷がおかれ,そこを中心としてその組織にきびしいしきたりが生れた。そのほか,甲府や美濃可児郡などの瞽女が知られる。現在では,越後の高田,長岡,刈羽,新発田などに,わずかにその命脈が保たれているにすぎない。何人かで小集団をなして旅かせぎをするが,その足跡はかなり遠くに及ぶ。門付 (かどづけ) 芸として行なった者も皆無ではないが,原則としては各地に招かれて座敷で演奏するもので,大名の奥方にかかえられることもあった。現存する越後の瞽女の扱うものは「段物」とも呼ばれる「祭文松坂」と「ごぜ口説 (くどき) 」との2種がその特色のあるもので,前者は三下りでおもに七五調,後者は二上りでおもに七七調のいずれも叙事的な語り物である。その他,「新保広大寺」などの民謡や,はやり唄の類も扱い,その全国的な伝播に一役を果した。さらに,義太夫節その他の音曲類も修得していて,都会地における興行からは遠隔地にある,地方の農村の娯楽に供することもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ごぜ唄の関連キーワード高田瞽女と斎藤作品鈴木主水