コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごんす ごんす

大辞林 第三版の解説

ごんす

( 動サ特活 )
〔「ごあんす」の転。一説に「ござんす」の転とも〕
「来る」「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。 「お家へさんか、よう-・したの/浄瑠璃・忠臣蔵」 「これ旦那殿、此処に-・すか/歌舞伎・桑名屋徳蔵」
「ある」の意の丁寧語。ございます。 「百万人の一座でも、つひぞつかへた事が-・せぬ/洒落本・跖婦人伝」
(補助動詞) 「ある」の意の丁寧語。…(で)ございます。 「やあ長作様、久しう-・す/浄瑠璃・生玉心中 」 「まだ休んでで-・す/咄本・鹿の子餅」 〔 (1) 近世、初めは遊里の女性語であったが、のち遊び人や相撲取りなど、男性も用いるようになった。 (2) 活用は「ござります」に同じ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ごんすの関連キーワード小野道風(おののとうふう)烏亭焉馬(1世)芭蕉(俳人)大服・大福世間が張る日韓議定書西鶴置土産桜姫東文章落語の演題関口隆吉一分茶番でごんす傾城冥加根太切り芳沢金毛東日記ごんすはなよの重頼

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android