コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささら(楽器) ささら

1件 の用語解説(ささら(楽器)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ささら(楽器)【ささら】

日本の民俗楽器。(1)すりざさら。のこぎりの歯のような刻みをつけた棒と先の方に縦に細かく割れ目を入れた竹を手に持ってすり合わせる楽器。音量は小さいが,獅子(しし)舞田楽などの芸能では重要な役割をもつ。
→関連項目田植

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ささら(楽器)の関連キーワードウクレレバンスリいざさらばドムラ鋸鮫小切子ツィンバロム編木ミモザサラダ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone