すうすう(読み)スウスウ

デジタル大辞泉の解説

すう‐すう

[副](スル)
狭い所を風が吹き抜けるさま。また、そのように感じられるさま。「少しだけ開いた窓から風がすうすう(と)はいってくる」「背中のあたりがすうすうする」
息を軽く吸ったり吐いたりする音を表す語。「すうすう(と)寝息を立てる」
物事がとどこおりなく進行するさま。「思いのほかすうすう(と)事が運ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すうすう

( 副 ) スル
風がすき間などを吹きぬけるさま。 「すき間風が-する」
低い鼻息などの音を表す語。 「 -(と)寝息をたてる」
物事が順調に進むさま。すいすい。 「広い道を車が-走る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すう‐すう

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 息を吸ったりはいたりする音、呼吸の細く激しくなる音、寝息、鼻息の音などを表わす語。すっすっ。
※虎明本狂言・合柿(室町末‐近世初)「『べうべうとゆふ分じゃ』 すうすうといふ」
滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「ぜんごもしらずすうすうと高いびき」
② すき間から風が吹き通る音や風が通ってうすら寒く感じるさまを表わす語。
※俳諧・去来抄(1702‐04)同門評「或は杉の木にすうすうと風の吹わたりなどといふを賞し給ふ」
③ 物事が支障なく進んで行くさまを表わす語。すっすっ。
※滑稽本・古朽木(1780)一「巣鴨の菊見の帰には、すうすう吉原へのめり込んで」
[2] 〘形動〙 (鼻息をたて、精いっぱいやるという意から) 可能な、または、ゆるされる限りの、ぎりぎりの限度にどうにか達するさま。
※浄瑠璃・出世握虎稚物語(1725)一「気にむいた時、蹴倒さるるがすうすうの仕合」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android