コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とろとろ トロトロ

デジタル大辞泉の解説

とろ‐とろ

[副](スル)
固形物が溶けて軟らかくなるさま。また、液体がやや粘り気をもつさま。「ソフトクリームがとろとろ(と)溶け出す」「火に掛けてとろとろするまでかきまぜる」
勢いが弱いさま。ゆっくりと静かに進むさま。「弱火でとろとろ(と)煮込む」「市電がとろとろ(と)走る」
眠気をもよおすさま。また、ちょっとの間、浅く眠るさま。「テレビを見ながらとろとろ(と)する」
[形動]1に同じ。「とろとろになるまで煮込む」
[アクセント]ロトロ、はトロトロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とろとろ

[1] ( 副 ) スル
物がとけて軟らかくなり、形が半ば崩れたさま。物がとけこんだりして、液に粘り気があるさま。 「くず湯の-した舌ざわり」 「口に含むと-(と)とける」
浅く眠るさま。また、眠気のために意識が薄れてくるさま。 「いつの間にか-(と)していた」 「目が-してきた」
火などの勢いが弱いさま。 「土鍋で-(と)煮る」 「いろりの火が-と燃える」
ゆっくりと動くさま。鋭さに欠けるさま。 「 -歩く」 「 -するな、早くしろ」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「 -にとける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とろとろの関連キーワード世界のKitchenから キャンディ世界のKitchenからソフトクリーム築地銀だこアクセント佐藤詩音とろろ汁いろり固形物とろ火蕩めく粘り気眠気液体市電弱火

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とろとろの関連情報