コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とろとろ トロトロ

2件 の用語解説(とろとろの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とろ‐とろ

[副](スル)
固形物が溶けて軟らかくなるさま。また、液体がやや粘り気をもつさま。「ソフトクリームがとろとろ(と)溶け出す」「火に掛けてとろとろするまでかきまぜる」
勢いが弱いさま。ゆっくりと静かに進むさま。「弱火でとろとろ(と)煮込む」「市電がとろとろ(と)走る」
眠気をもよおすさま。また、ちょっとの間、浅く眠るさま。「テレビを見ながらとろとろ(と)する」
[形動]1に同じ。「とろとろになるまで煮込む」
[アクセント]ロトロ、はトロトロ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とろとろ

[1] ( 副 ) スル
物がとけて軟らかくなり,形が半ば崩れたさま。物がとけこんだりして,液に粘り気があるさま。 「くず湯の-した舌ざわり」 「口に含むと-(と)とける」
浅く眠るさま。また,眠気のために意識が薄れてくるさま。 「いつの間にか-(と)していた」 「目が-してきた」
火などの勢いが弱いさま。 「土鍋で-(と)煮る」 「いろりの火が-と燃える」
ゆっくりと動くさま。鋭さに欠けるさま。 「 -歩く」 「 -するな,早くしろ」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「 -にとける」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とろとろの関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠け見出づ真し一色町一本木

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とろとろの関連情報