とろとろ

精選版 日本国語大辞典「とろとろ」の解説

とろ‐とろ

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物がとけて、流動体・粘液状になっているさまを表わす語。また、油などが光沢があってなめらかなさまを表わす語。
※名語記(1275)四「答、よとは淀也。水のよどみてながれもやらぬ義也、とろとろともいへり」
※仮名草子・可笑記(1642)三「けいせいといへるものは〈略〉あぶらとろとろかねくろく」
② 粘液状のものがたれ落ちたり流れたりするさまを表わす語。たらたら。
※源平盛衰記(14C前)一七「よだれとろとろ垂らして」
③ 弱く、ゆるやかなさまを表わす語。主として、火の勢いが弱く、静かに燃えるさまを表わすことが多い。〔書言字考節用集(1717)〕
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉湘南雑筆「各処の火はとろとろと燃へて」
④ 動作が緩慢で、ゆったりしたさまを表わす語。
※宇治拾遺(1221頃)一五「ひきかためて、とろとろとはなちて、弓倒して見やれば」
⑤ ねむけを催してぼんやりしたさま、また、浅くまどろむさまを表わす語。
※名語記(1275)三「春のそらに、さくらとれといへる、とれ如何。とれは、目のとろとろとあるをいへり」
※虎明本狂言・花子(室町末‐近世初)「とろとろとまどろふたれは」
⑥ うっとりするさまを表わす語。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)一「とろとろ見とれおはします」
[2] 〘形動〙 (一)①に同じ。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「和合剤のが、は水のごとく、後にはとろとろになるほど多量に分泌されると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「とろとろ」の解説

とろ‐とろ

[副](スル)
固形物が溶けて軟らかくなるさま。また、液体がやや粘り気をもつさま。「ソフトクリームとろとろ(と)溶け出す」「火に掛けてとろとろするまでかきまぜる」
勢いが弱いさま。ゆっくりと静かに進むさま。「弱火とろとろ(と)煮込む」「市電とろとろ(と)走る」
眠気をもよおすさま。また、ちょっとの間、浅く眠るさま。「テレビを見ながらとろとろ(と)する」
[形動]1に同じ。「とろとろになるまで煮込む」
アクセントロトロ、はトロトロ
[類語]1粘っこい粘る粘つく粘りつくべたつくべとつくどろどろどろりにちゃにちゃねっとりねばねばべたべたべとべとねとねとねちねち粘り粘り気粘性/(3ぐうぐうぐっすり昏昏ぐうすかすうすうすやすやうつらうつらうとうとこっくりこっくりうつうつこくりこっくりとろんとろり夢うつつ夢心地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android