コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うつらうつら ウツラウツラ

2件 の用語解説(うつらうつらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつら‐うつら

[副](スル)
《「うつ(空)」に接尾語「ら」の付いた「うつら」を重ねた語》
㋐疲労などのために浅い眠りにひきこまれるさま。「熱が高くて一日じゅう―としていた」「退屈な話を聞かされてついうつらうつらする」
㋑心がぼんやりしているさま。茫然(ぼうぜん)。
「朝な夕なに梧桐(ごとう)を眺めくらして、―として居た」〈漱石・野分〉
《「うつ(現)し」などの「うつ」に接尾語「ら」の付いた「うつら」を重ねた語》目の前にはっきりと見えるさま。まざまざ。
「なでしこが花とり持ちて―見まくのほしき君にもあるかも」〈・四四四九〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うつらうつら

( 副 ) スル
眠気や発熱などのため、意識がはっきりしないさま。うとうと。 「 -しているうちに朝になった」 「ちょっとの間-とする」
ぼんやりしているさま。茫然ぼうぜん。 「病衰やみほほけた顔をして-としてゐる/多情多恨 紅葉
まのあたり。まざまざ。 「 -見まくの欲しき君にもあるかも/万葉集 4449」 〔 の「うつら」は「空うつ」に、は「現うつ」にそれぞれ接尾語「ら」の付いたものという〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うつらうつらの関連情報