すかり(読み)スカリ

デジタル大辞泉の解説

すかり[名]

《「すがり」とも》
網製のびく。サザエ・アワビなどを入れる。
網のように編んだ数珠(じゅず)の房。また、法師が数珠を入れたり、山伏がほら貝などを入れたりするのに用いる袋。

すかり[副]

[副]たやすく事が行われるさま。刃物で物を切るさまなどにいう。「すかりと切る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すかり

( 副 )
軽く、たやすく事がおこなわれるさま。 「 -と切る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すかり

〘名〙 (「すがり」とも)
① 網のように編んだ、数珠(じゅず)のふさ。また、数珠を入れる網の袋ともいう。
※後撰(951‐953頃)雑四・一二八四・詞書「ずずのすがりをおとしけるを、あしたにをくるとて」
② 物を入れる網の袋。獲物などを入れるのに用いるもの。また、山伏が法螺(ほら)貝を入れている網袋や磯釣りで使う口元に浮子(うき)のついた網魚籠をいう。
御伽草子・諏訪の本地(神道物語集所収)(室町末)「すかりといふ物を、人二三人乗ほどにこしらへて」
③ 積雪量がきわめて多い所での、雪中歩行用具。大型のかんじき。縦七五~九〇センチメートル、横三五~四〇センチメートルの楕円形に、木や竹を曲げて作る。《季・冬》
※随筆・北越雪譜(1836‐42)初「冬の雪中は橇(かんじき)・繾(スガリ)を穿(はき)て途(みち)を行」
④ 東北地方の山間に古くから住むまたぎ(狩人)の、狩猟組の指揮者。狩の技法、作法に熟達した者で、絶対の権力を持つ。昔は世襲であったが、今は必ずしも世襲ではない。

すかり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① たやすく、気持よく事が行なわれるさまを表わす語。一刀のもとに、たやすく物を断ち切るさまなどにいう。さっくり。
※天理本狂言・毘沙門連歌(室町末‐近世初)「いでいでありの実わらんとて、だんばのほこをふりあげて、スカリと云て両人へやる」
※土(1910)〈長塚節〉一九「鳳仙花の枝がすかりと裂て先が地についた」
② 矢で的を射そこなうさまを表わす語。
※日葡辞書(1603‐04)「Sucarito(スカリト) イハヅイタ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報