コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だいだらぼっち

百科事典マイペディアの解説

だいだらぼっち

〈だいだぼっち〉,ダダ坊,ディラボー,大太(だいた)法師などとも。伝説の巨人。湖沼はその足跡,山はその落し物とされ,巨人には鬼,山伏,弁慶なども当てられた。東京都世田谷区代田の地名はこの伝説に由来するという。
→関連項目巨人伝説東秩父[村]百合若大臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

だいだらぼっち

日本各地に伝承がある巨人の妖怪。その地の山や湖ができた原因として語られることが多い。「大太郎法師」「でいだらぼっち」「だいだらぼう」「だんだん法師」などさまざまな呼称がある。

だいだらぼっち

レベルファイルによるゲームソフト、またそこから派生したテレビアニメや玩具のシリーズ妖怪ウォッチ』に登場する妖怪。ゴーケツ族。必殺技は「天地崩壊」。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいだらぼっち

ダダ坊,デイラボー大太法師などとも呼ばれる伝説の巨人。関東,中部地方を中心に広く分布している。この巨人の大足跡とか,その足跡に水がたまってできた沼があると伝えている。また富士山を背負おうとしたとか,山作りの際にこぼした泥が小山になったとも語られている。一般に池,沼,山などの生成に関係してこの話が伝えられていることから,もともと天地創造神としての巨人の存在が信じられていたのであろう。それが信仰の衰退とともに単に大力の持主とか,大男,鬼などのように意識されるに至ったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のだいだらぼっちの言及

【巨人】より

… 巨人伝説には,次のような類型が見られる。(1)日本の〈だいだらぼっち〉系説話のような,山や湖沼などの自然物の起源を過去の巨人の行動に求めるもの。(2)新秩序の形成に抵抗する荒ぶる古神としての巨人伝説。…

※「だいだらぼっち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

だいだらぼっちの関連情報