コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちりから

1件 の用語解説(ちりからの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちりから

長唄の囃子用語。〈ちり〉は大鼓(おおつづみ),〈から〉は小鼓(こつづみ)の音をあらわす擬声音で,大鼓と小鼓で奏する長唄の囃子独特の手法をいう。長唄の囃子は能の囃子から出たものなのでその影響を残しているが,〈ちりから〉は能とは関係なく三味線リズムや速さに合わせ,軽快に細かいリズムを大鼓と小鼓で打ち合わせる手法である。おもに曲の終り近くの〈ちらし〉の部分で活躍,囃子方の技量を示すことができる。一般に大鼓が表間,小鼓が裏間を打つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちりからの関連キーワード一調葛野流乱序四拍子大鼓方大癋早鼓脇鼓乞合大鼓・小鼓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちりからの関連情報