コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちりから

世界大百科事典 第2版の解説

ちりから

長唄囃子用語。〈ちり〉は大鼓(おおつづみ),〈から〉は小鼓(こつづみ)の音をあらわす擬声音で,大鼓と小鼓で奏する長唄の囃子独特の手法をいう。長唄の囃子は能の囃子から出たものなのでその影響を残しているが,〈ちりから〉は能とは関係なく三味線のリズムや速さに合わせ,軽快に細かいリズムを大鼓と小鼓で打ち合わせる手法である。おもに曲の終り近くの〈ちらし〉の部分で活躍,囃子方の技量を示すことができる。一般に大鼓が表間,小鼓が裏間を打つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ちりからの関連キーワード世界の神話にみる万象の起源原始太陽系円盤原始惑星系円盤杵屋十三郎太陽系HR図小惑星

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちりからの関連情報