コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤機帯 しずはたおび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賤機帯
しずはたおび

三味線音楽,舞踊劇の曲名。略称「賤機」。能の『隅田川』と『桜川』の2曲の趣向をあわせて翻案したもの。 (1) 一中節 本名題『尾上の雲賤機帯』。宝暦1 (1751) 年江戸森田座初演。壕越二三治作詞,宮崎忠五郎作曲,村上常五郎振付。 (2) 長唄 本名題『八重霞賤機帯』。文政 11 (1828) 年,江戸山王祭りの踊り屋台で初演。一中節の翻案であるが,河東節『常陸帯 (ひたちおび) 』の歌詞と趣向も取入れる。 10世杵屋六左衛門作曲。 1892年浅草鳥越座で劇場初演。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しずはたおび〔しづはたおび〕【賤機帯】

歌舞伎舞踊。
一中節。本名題「峰雲(おのえのくも)賤機帯」。壕越二三治作詩、宮崎忠五郎作曲。宝暦元年(1751)江戸森田座で初演。謡曲の「隅田川」「班女(はんじょ)」「桜川」に取材したもの。
長唄。本名題「八重霞賤機帯」。歌詞・曲ともにを借りて、10世杵屋六左衛門が作曲。文政11年(1828)山王祭の踊り屋台で発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

賤機帯【しずはたおび】

一中節の曲名。本名題《尾上の雲賤機帯》。壕越二三治作詞,宮崎忠五郎作曲。1751年初演。謡曲隅田川》などによる。この曲によった長唄《八重霞賤機帯》(10世杵屋六左衛門作曲)がある。
→関連項目狂乱物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しずはたおび【賤機帯】

歌舞伎舞踊。長唄。1828年(文政11)6月江戸山王祭踊屋台初演。本名題《八重霞賤機帯(やえがすみしずはたおび)》。作詞者不明。作曲10世杵屋(きねや)六左衛門。謡曲《隅田川》《桜川》《班女(はんじよ)》などから歌詞を寄せた一中節《峰雲賤機帯》を長唄化したもの。初演以降絶えていたのを92年7月東京鳥越座で上演。舞踊の振りは各流で多様であるが,狂女と舟長ともにシテの扱いにしてあるのが特色。【目代 清】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賤機帯
しずはたおび

長唄(ながうた)および一中節(いっちゅうぶし)の曲名。
(1)長唄は1828年(文政11)6月、10世杵屋(きねや)六左衛門(4世三郎助)作曲。本名題(ほんなだい)『八重霞(やえがすみ)賤機帯』。内容は謡曲『隅田川(すみだがわ)』『班女(はんじょ)』『桜川』をあわせた筋で、わが子の行方を捜す狂女と船頭のやりとりである。初演は日枝(ひえ)神社山王(さんのう)祭に踊り屋台で演じられた。初め一中節の『賤機帯』を予定したが雰囲気があわないので、長唄で新たにつくったという。そのため一中節の影響も強い。
(2)一中節では本名題『尾上雲(おのえのくも)賤機帯』。1751年(宝暦1)江戸・森田座の『祐経扇系図(すけつねおうぎけいず)』二番目に上演。壕越二三治(ほりこしにそうじ)作詞、宮崎忠五郎作曲、村上常五郎振付け。題材は長唄と同じだが歌詞が異なる。長唄、一中とも舞踊を伴う。[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賤機帯の言及

【狂乱物】より

…これらの作品中,女性が主人公の場合は,恋人やわが子を失ったのが原因による狂乱が圧倒的に多い。現行作品では清元《鞍馬獅子》,常磐津《お光狂乱》,長唄《賤機帯(しずはたおび)》,清元《隅田川(すみだがわ)》,常磐津《お夏狂乱》などがある。男性の狂乱作品には,清元《保名》《幻椀久》,長唄《二人椀久》などがある。…

※「賤機帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

賤機帯の関連キーワード杵屋六左衛門(別家10世)賤機帯・賎機帯都太夫一中歌舞伎舞踊西川 嘉義隅田川物チリカラ