車力(読み)しゃりき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青森県西部,つがる市北部の旧村域。津軽半島の西側,日本海に面する。 1889年下車力村,牛潟村,下牛潟村,豊富村,富萢 (とみやち) 村の5村と合体して車力村が成立。 2005年木造町,森田村,村,稲垣村と合体してつがる市となった。湖沼や湿地帯が多く,昔から岩木川氾濫が繰り返され,江戸時代に新田地帯として干拓された地域。第2次世界大戦後,十三湖干拓事業により水田改良が進んだ。政府の減反政策のため,米作以外の産業を進めている。七里長浜海岸は津軽国定公園の一部である。南部芦野池沼群県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

大八車(だいはちぐるま)などを引いて荷物を運搬することを職業とする人。また、その車。
「―は縄を解いて、荷物を庭口から縁側へと運び入れる」〈花袋田舎教師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

大八車などで荷物を運ぶのを職業とする人。また、その荷車。 -の卸した書物が一杯積んである/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青森県西部、西津軽郡にあった旧村名(車力村(むら))。現在はつがる市の北部を占める地域。2005年(平成17)、西津軽郡木造(きづくり)町、森田(もりた)村、柏(かしわ)村、稲垣(いながき)村と合併して市制施行、つがる市となった。津軽平野の北西部に位置する。旧村域の東部を岩木川と山田川が並行して流れて十三湖(じゅうさんこ)に注ぐ。中央部は田光(たっぴ)沼、牛潟(うしがた)池、袴形(はかまがた)池などの溜池(ためいけ)が分布する湿地帯で、江戸時代に新田開発が行われたが、岩木川の氾濫(はんらん)や山田川の逆流による塩水害などで稲作条件は劣悪であった。1924年(大正13)におきた塩水逆流は田地に大きな被害を与え、農民救済のため、車力村小作組合(のち農民組合)が結成された。県で最初の農民組合で、1926年には小作米5割減免を要求する小作争議が起きた。第二次世界大戦後、干拓事業により土地改良が行われた。日本海に臨む七里長浜(しちりながはま)は津軽国定公園の一部をなし、背後の屏風山(びょうぶさん)の砂丘地帯では畑地化が進んでいる。牛潟町の高山稲荷(いなり)神社付近にチェズボロー号遭難慰霊碑がある。1889年(明治22)10月、七里長浜沖で破船したアメリカの貨物船の死亡した乗組員の記念碑である。[横山 弘]
『『車力村史』(1972・車力村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 荷物をのせて人が引いたり押したりする車。荷車。
※東寺百合文書‐る・明徳元年(1390)最勝光院方評定引付「七十五文 車力借用〈略〉車力七十五文返之」
② (━する) 大八車などをひいて荷物の運搬をすること。また、その業に従事する人。近世では、一般に零細業者が多く、大八車所持の有力商人などと雇用関係にある者も少なくなかった。
※雑俳・あづまからげ(1755)「ぬかるみで・車力の声をひしぎけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の車力の言及

【車借】より

…中世から近世にかけて活躍した運送業者。車力(しやりき),車方(くるまかた)とも呼ばれた。牛に車を引かせて物資を運んだために,道路の整備された都市近郊で発達した。…

※「車力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車力の関連情報