てんでんばらばら(読み)テンデンバラバラ

デジタル大辞泉の解説

てんでん‐ばらばら

[形動]各人の考えや行動が統一を欠くさま。てんでばらばら。「てんでんばらばらなことをいう」「てんでんばらばらに帰る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんでんばらばら

( 形動 )
皆が思い思いに行動するさま。 「 -な服装」 「 -に帰って行った」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんでん‐ばらばら

〘形動〙 それぞれにまとまりがなく入り乱れるさま。各人が勝手気ままに振舞うさま。
※木乃伊の口紅(1913)〈田村俊子〉一〇「然うてんでんばらばらでは仕方がない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android