コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すかすか スカスカ

デジタル大辞泉の解説

すか‐すか

[副]
切れ味がよく、思いのままに切れるさま。
「茨など生いしげりて…―と切って払いて」〈鏡花・竜潭譚〉
鼻で数度、外気を強く吸い入れるさま。
「あっちこっちに鼻先を振り向け、頻りに―息を吸い込んでいたが」〈里見弴・今年竹〉
滞りなく事が運ぶさま。
「あまりのことのうれしさに、―と走り寄り」〈仮・四人比丘尼〉
[形動][文][ナリ]物の中身や、ある範囲の空間に、すきまがたくさんあるさま。「水気のないすかすかな大根」「昼間なので、車内はすかすかだった」
[アクセント]カスカ、はスカスカ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すかすか

( 形動 )
すき間の多いさま。 「箱ばかり大きくて中身は-だ」
( 副 )
切れ味のよいさまを表す語。 「 -と切る」
物事がすらすらと運ぶさま。 「草臥くたびれて-と寝たればな/歌舞伎・幼稚子敵討」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すかすかの関連キーワード免疫のしくみとはたらき骨粗しょう症アクセント切れ味外気水気鼻先数度草臥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すかすかの関連情報