すかすか(読み)スカスカ

デジタル大辞泉の解説

すか‐すか

[副]
切れ味がよく、思いのままに切れるさま。
「茨など生いしげりて…―と切って払いて」〈鏡花・竜潭譚〉
鼻で数度、外気を強く吸い入れるさま。
「あっちこっちに鼻先を振り向け、頻りに―息を吸い込んでいたが」〈里見弴・今年竹〉
滞りなく事が運ぶさま。
「あまりのことのうれしさに、―と走り寄り」〈仮・四人比丘尼〉
[形動][文][ナリ]物の中身や、ある範囲の空間に、すきまがたくさんあるさま。「水気のないすかすかな大根」「昼間なので、車内はすかすかだった」
[アクセント]カスカ、はスカスカ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すかすか

( 形動 )
すき間の多いさま。 「箱ばかり大きくて中身は-だ」
( 副 )
切れ味のよいさまを表す語。 「 -と切る」
物事がすらすらと運ぶさま。 「草臥くたびれて-と寝たればな/歌舞伎・幼稚子敵討」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すかすかの関連情報