コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎ら/疏ら マバラ

デジタル大辞泉の解説

まばら【疎ら/×疏ら】

[形動][文][ナリ]
物が少なくて、間がすいているさま。すきまのあいているさま。「人通りも―な住宅街」
順序だっていないさま。ばらばらであるさま。
「わづか二百騎あまりに打ちなされ、沖へ―にざっと引く」〈幸若・屋島軍

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まばら【疎ら】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔「ま(間)あばら(疎)」の転〕
すき間のあるさま。また、間をおいて起こるさま。 「 -な拍手」 「 -な家並み」 「人通りも-だ」
整わないさま。まとまりがないさま。 「その門弟三十人ばかり、-に渦巻いて立ちたる/義経記 5
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疎ら/疏らの関連キーワード深海底生物群集義経記幸若

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android