ちらほら(読み)チラホラ

デジタル大辞泉の解説

[副]少しずつまばらにあるさま。また、たまにあるさま。ちらりほらり。「桜の花がちらほら(と)咲きはじめる」「街には半袖姿の人もちらほら(と)見える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
あちらこちらに少しずつまばらにあるさま。ちらりほらり。 髪に白いものが-(と)混じる 晴着姿も-入り混じる人ごみ
たまにあるさま。時々。 花の便りが-(と)聞かれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 常にではないが、たまにあるさま、また、少しずつ行なわれるさまを表わす語。ぼつぼつ。時どき。
※浄瑠璃・一谷嫩軍記(1751)二「とかくちらほら気転きかして立廻れば、怪我する事は微塵もない」
② 多くなく、まばらであるさまを表わす語。ちらばら。ちらり。ちらりほらり。
※談義本・当世花街談義(1754)三「銀の長煙筒を握(つま)み、くゆらする煙片々(チラホラ)として花の顔(かんばせ)を彩る有様」
③ 見えかくれするようにひるがえすさまを表わす語。
※女作者(1913)〈田村俊子〉「自分の褄先の色の乱れを楽しむやうに鏡の前に行くとわざわざ裾をちらほらさせて眺めてゐたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちらほらの関連情報