なだいなだ

知恵蔵miniの解説

なだいなだ

精神科医・作家・評論家。1929年6月8日、東京生まれ。本名、堀内秀。ペンネームの由来は、スペイン語の「nada y nada」(何もなくて、何もない)。53年に慶應義塾大学医学部を卒業し、病院勤務の傍ら文筆活動を開始した。59年~67年にかけて「海」「神話」「トンネル」「童話」など6作品で芥川賞候補となる。テレビドラマ化もされた65年のエッセー『パパのおくりもの』(筑摩書房)をはじめ、純文学から評論、ノウハウ本、学術書に至るまで、多数の作品を残す。69年にエッセー『娘の学校』で婦人公論読者賞、70年に評論『お医者さん』で毎日出版文化賞を受賞。精神科医としてはアルコール依存症を専門とし、61年に慶應義塾大学で博士号を取得した。2003年に出版した『老人党宣言』(筑摩書房)に合わせ、04年1月、インターネット上のヴァーチャル政党「老人党」を立ち上げ話題となった。11年に前立腺癌を発症し膵臓に転移、13年6月6日に死去した。享年83。

(2013-6-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

なだ‐いなだ

[1929~2013]小説家・精神科医。東京の生まれ。本名、堀内秀(しげる)。医師としてアルコール依存症の治療などに取り組むかたわら、小説や随筆を幅広く執筆。「海」「れとると」などで、6度芥川賞候補となった。他に「権威権力」「娘の学校」「パパのおくりもの」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

なだいなだ

精神科医・作家・評論家。本名堀内秀(しげる)。東京都大田区出身。1942年旧制麻布中学,慶応義塾大学医学部予科をへて同医学部卒業。慶大在学中にフランス政府給費留学生として留学。精神科医としてアルコール依存症の治療に取り組むかたわら,同人誌《文芸首都》に参加。スペイン語で〈何もなくて何もない〉という意味のスペイン語〈なだいなだ〉をペンネームとして,文筆活動を続けた。小説《帽子を・・・》《海》などで6度芥川賞候補となったが受賞を逸した。独特のユーモアと穏やかな表現の背後に鋭い文明批評と批判精神が含まれるエッセイで読書人に人気があった。代表作に《権威と権力》(1974年,岩波新書),《人間,この非人間的なもの》(1972年,筑摩書房),《TN君の伝記》(1976年,福音館書店)など。《なだいなだ全集》全12巻(筑摩書房)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なだいなだの関連情報