コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なめし(鞣) なめし

百科事典マイペディアの解説

なめし(鞣)【なめし】

動物の生皮を薬品(なめし剤)で処理して,腐敗を防止し,柔軟性,弾力性,強靭(きょうじん)性,通気性を保有させること。なめし剤の種類によりミョウバンなめし,クロムなめしタンニンなめし,ホルマリンなめし,油なめし(セーム革)などがある。
→関連項目皮/革毛皮梳毛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

なめし(鞣)の関連キーワードタンニンぬめ革