なんか

精選版 日本国語大辞典「なんか」の解説

なん‐か

〘副助〙 (「なにか」の変化した語。→補注(1)) 「など」とほぼ同じに用いる口頭語。体言または体言と同資格の語句を受けて用いる。
類例例示または暗示しつつ、代表としてさし示す。
※姪子(1909)〈伊藤左千夫〉「詞づかいなんかが、どことなく品がゑい」
② ある事物を取り立てて例示する。価値的に低いものとして取り立てる場合が「など」よりも多い。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「うちなんかいくら大きくたって腹の足しになるもんか」
[補注](1)「なにか」の変化した「なんか」がもとと思われるが、助詞としての成立には「なんど」「なんぞ」とのかかわりも考えられる。
(2)用法は「など」「なんぞ」に近いが、「など」よりは狭く、「なんぞ」より広い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「なんか」の解説

なんか[副助]

[副助]《代名詞「なに」に副助詞「か」の付いた「なにか」の音変化から》名詞、名詞に準じる語、活用語の連用形、一部の助詞などに付く。
一例を挙げて示す。…など。「この着物なんかお似合いです」「映画なんかよく行く」
ある事物を例示し、それを軽んじていう意を表す。…など。「彼の言うことなんか聞くな」「君になんかわからない」
[類語]などでもとかなんてなんぞなぞ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android