コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねえ ネエ

デジタル大辞泉の解説

ねえ[感]

[感]「ね」の長音化した語。「ねえ、あなた」「ねえ、そうでしょう」

ねえ[終助・間助]

《「ね」の長音化した語》
[終助]終助詞「」に同じ。「まあ、よかったわねえ
[間助]間投助詞「」に同じ。「今度ねえ、ぼくの家にもねえ、来てよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねえ

〔補助動詞「なさる」の命令形「なさい」の転「なせえ」からさらに変化したもの。「ねい」とも表記される。近世江戸語〕
動詞の連用形に付いて、命令の意を表す。…なさい。 「そんなら宗匠へ弟子入をし-/洒落本・辰巳之園」 「したが田舎は気散じなことさ。まあ、きき-/咄本・聞上手」

ねえ

( 感 )
「ね」の長音化したもの。 「 -、いいでしょう」 → ね(感)

ねえ

( 終助 ・間投助 )
「ね」の長音化したもの。 → ね(終助・間投助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ねえの関連キーワード業突く張り・強突く張り頰返しが付かない見たくでもない内兜を見透かすのんほい牛乳だりむくれる御幣を担ぐごぜえやす生まれ落ち好き不好き落ちを取る済み済ましからっきり陸そっぽうすっぺがすからっきしすうわりとっけり補助動詞御見限り

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねえの関連情報