コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじれ

2件 の用語解説(ねじれの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ねじれ

柱状の弾性体の一端を固定し,他端に,軸方向に力のモーメントをもつ偶力を働かせたとき起こる変形。弾性体の軸に垂直な各断面は,固定端からの距離に比例した角度だけ回転する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ねじれ
ねじれ

針金のような物体をその軸の周りにねじったときの変形をねじれという。つるまきばねを伸縮したときも、ばねをつくる針金はねじれる。断面が円の一様な針金の一端を固定し、他端を角度θだけねじるのに必要なトルク(力のモーメント)Mは、針金の長さをl、断面半径をa、ずり弾性率をGとすると
  M=πa4Gθ/2l
となる。中空円筒状の丸棒では外半径をa1、内半径をa2とすると、
  M=π(a14a24)Gθ/2l
となる。Mとθとの比を、その針金のねじれのスティフネス(ねじれの定数)という。断面が円でなく、正方形、長方形などの物体のねじれの場合には、問題は複雑になる。上端を固定した弾性体の針金の下に物体をつけて、ねじって放すと物体はねじれ振動をする。これをねじれ振り子という。また針金のねじれを利用してトルクの大きさを測る装置をねじり秤(ばかり)という。[和田八三久・西 敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねじれの関連キーワード片持ち梁コーラ伸開線単振子弾性体捩れ浮刺し網円錐振子サンザ非線形弾性体

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ねじれの関連情報