コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじれ

百科事典マイペディアの解説

ねじれ

柱状の弾性体の一端を固定し,他端に,軸方向に力のモーメントをもつ偶力を働かせたとき起こる変形。弾性体の軸に垂直な各断面は,固定端からの距離に比例した角度だけ回転する。弾性体が半径a,長さlの円柱で,その剛性率をn,偶力のモーメントをM,自由端の回転角(ねじれの角)をθとすれば,M=πna4θ/2lとなる。ねじれの角から偶力が測定され(トーションバランス),またねじれによる振動の周期から剛性率が測定される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ねじれ
ねじれ

針金のような物体をその軸の周りにねじったときの変形をねじれという。つるまきばねを伸縮したときも、ばねをつくる針金はねじれる。断面が円の一様な針金の一端を固定し、他端を角度θだけねじるのに必要なトルク(力のモーメント)Mは、針金の長さをl、断面半径をa、ずり弾性率をGとすると
  M=πa4Gθ/2l
となる。中空円筒状の丸棒では外半径をa1、内半径をa2とすると、
  M=π(a14a24)Gθ/2l
となる。Mとθとの比を、その針金のねじれのスティフネス(ねじれの定数)という。断面が円でなく、正方形、長方形などの物体のねじれの場合には、問題は複雑になる。上端を固定した弾性体の針金の下に物体をつけて、ねじって放すと物体はねじれ振動をする。これをねじれ振り子という。また針金のねじれを利用してトルクの大きさを測る装置をねじり秤(ばかり)という。[和田八三久・西 敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ねじれの関連キーワードくるるんジャーキートム フランクリンコンボリューション決められない政治グリッドロックねじれ(捩れ)ドリル(工具)Wヘリカルギアツイストドリルねじり振り子振り子・振子ユニコーンくねくねし捩じくれる精巣捻転症ねじり剛性逆転国会貝塚伊吹キンキー立体配座

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねじれの関連情報