はげ山(読み)はげやま

世界大百科事典 第2版の解説

はげやま【はげ山】

一般的には樹木の生えていない山のことを称するが,これは茂った山になる能力をもちながら,伐採や山火事によって一時的に樹林を失っているにすぎない。真のはげ山とは樹木が再生するだけの土壌を失い,荒廃した地肌の露出している山である。これは本来日本のような高温多湿の地方に天然に形成されることはまれで,年間の大半が乾燥し樹木の生育に不利な地方に発達しており,人類や草食獣の作用で樹木が失われ,その結果露出した土壌が急速に雨や風によって浸食亡失した場合に生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はげ山の関連情報