コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天井川 てんじょうがわraised bed river

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天井川
てんじょうがわ
raised bed river

堤防内に砂礫堆積し,周囲の土地よりも河床が高くなった河川扇状地堤防をつくって流路を固定すると,砂礫はその内部にだけ堆積するので,河床は急速に上昇し,既存の堤防では間に合わなくなる。砂礫の堆積と堤防のかさ上げの悪循環によって形成されるともいえる。六甲,比良山麓や甲府盆地などにみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんじょう‐がわ〔テンジヤウがは〕【天井川】

堤防内に多量の土砂が堆積(たいせき)し、川床付近の平野面より高くなった川。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

天井川【てんじょうがわ】

土砂の堆積で河床が高まって付近の平野面より高くなった川。河水のはんらんを防ぐための堤防の築造と,河床での土砂の堆積とが競合的に進んでできるもの。富山県の常願寺川,滋賀県の野洲川など。
→関連項目奈良盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんじょうがわ【天井川】

河床が周囲の平野面より高い河川をいう。河川が山地から平地に流出するとき,特に扇状地では河道の移動が著しく,はんらんして多量の砂礫を周囲に堆積させるので,耕地などをはんらんから守るために河道を堤防で固定すると,堤外地(河道側)に砂礫の堆積が進み,河床が高くなってはんらんの危険性が高まる。さらに堤防を高くしても河床の上昇は続くので,その後も堤防のかさ上げが必要となり,周囲の平野面よりも河床が高い河川が形成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんじょうがわ【天井川】

河床がそのまわりの土地よりも高くなった河川。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天井川
てんじょうがわ

河床の高さが周囲の平野面より高くなった川。平野部で洪水を防ぐ目的で堤防を建設し、河道を固定化すると堤防間の河道で堆積(たいせき)が進み、平野への氾濫(はんらん)を防ぐために堤防をかさ上げするためにさらに河床が高まる。扇状地や背後に崩れやすい岩石からなる山地を有する川は荷重が多く、このような人工的地形をつくりやすい。富山県の常願寺川、滋賀県の草津川と愛知(えち)川などは好例で、中国の黄河では最大比高が10メートルに達する。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天井川の言及

【扇状地】より

…水害の危険から身を守るため,人々は堤防を建設するが,そのことは河道の固定を意味し,土砂の堆積は河道内に限定されるようになる。その結果,周囲に比べて河床が著しく上昇し,天井川が形成される。扇状地を流れる河川の多くは天井川化しており,愛媛県東予市を流れる大明神川のように,川の下を鉄道トンネルが通るといった例もある。…

【はげ山】より

…山土の流亡はことに地質的に粘土質に乏しい花コウ岩の深層風化や第三紀の砂礫層で構成された丘陵に著しく,もっとも著しいのは近畿地方の諸盆地をめぐる山々と瀬戸内海沿岸部とであった。これら丘陵から流下する土砂によって,多くの河川は河道が高まりいわゆる天井川を形成し,洪水によって氾濫しまた沿岸耕地を湿地化するなどの影響がはなはだしかった。こうした丘陵地に砂防工事が施され,はげ山景観がほとんど消滅したのは,造林事業と燃料,肥料の変化に伴う,1960年以降の現象といえる。…

※「天井川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

天井川の関連キーワードホワペイ(華北)平原ツーヤー(子牙)河アディジェ[川]山城(京都府)ホワイ(淮)河加茂(島根県)大和高田(市)チン(荊)江御所[市]甲西[町]船穂[町]井手(町)山陽[町]山城[町]香南[町]養老山地華北平原六甲山地岡崎平野宝達丘陵

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天井川の関連情報