コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばち指 ばちゆび

百科事典マイペディアの解説

ばち指【ばちゆび】

低酸素状態が長期に続いたとき,指の末端紡錘(ぼうすい)状にふくれる状態。指の末端と爪の連結部は,通常は160度くらいであるが,ばち指では180度を超えることもあり,爪も凸状になり,太鼓ばちのような形状になることから,こう呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ばち指の関連キーワード特発性肺線維症(特発性間質性肺炎)ファロー四徴症気管支拡張症チアノーゼ呼吸困難肺線維症鬱血肺癌

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android