コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びり ビリ

デジタル大辞泉の解説

びり

いちばんあとの順位。最下位。どんじり。「成績はクラスでびりだ」
人体の尻(しり)。
「酒を買って、―を切られると云ふ事があるでないか」〈伎・関取菖蒲𥿠〉
美人。また、女郎。
「人情を知っては、―の商売はまあ出来ねえかたちさ」〈洒・妓娼精子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びり

一番下の順位。最下位の者。 「かけっこで-になる」 「 -から二番目の成績」
人の尻。また、男女の情交。 「 -出入り大家もちつとなまぐさし/柳多留 4
人をののしっていう語。 「こりや、-め/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
遊女。女郎。 「人情を知つては、-の商売はまあできねえかたちさ/洒落本・妓娼精子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

びりの関連キーワード寒雷(加藤楸邨の句集)長野県木曽郡木曽町三岳ジューイッシュノーズ下いびりの上へつらいびりっかすの神さま北海道中川郡本別町ローマンノーズミクロバランストッゲンブルグ【うん】寿平矢加部 アキテールエンド檳榔毛の車石原 節子びりっけつ資本集約度本別[町]矢加部アキびりっこけちょんぼり

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びりの関連情報