びり

精選版 日本国語大辞典「びり」の解説

びり

〘名〙
① 順序・順番の最もおわりの位置。一番あと。最後尾。一番すえ。どんじり。
※歌舞・和布苅神事(1773)大詰「びりも当らぬその隣へ、百両落ちて来た心地」
※お目出たき人(1911)〈武者小路実篤〉一〇「終(ビリ)から四番だったこと」
② (形動) くだらないこと。また、そのさま。
※歌舞伎・四天王櫓礎(1810)四立「びりな事を吐(ぬ)かすから」
人体
※歌舞伎・関取菖蒲𥿠(1797)四幕「酒を買って、びりを切られると云ふ事があるでないか」
④ (尻の方のことの意で) 男女の情交。情事。
※歌舞伎・児雷也豪傑譚話(1852)三幕「びっくりする程いい女だ。〈略〉大方びりにこだはるのであらう」
⑤ (形動) 非常にみだらなこと。また、そのさま。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉六「彼の人や、〈略〉甚だ淫泆(〈注〉ビリ)也」
⑥ 娼婦。女郎
落本・妓娼子(1818‐30)下「人情を知ってはびりの商売は、マア出来ねへかたちさ」
⑦ 人をののしっていう語。
浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)四「こりゃびりめ」
⑧ 美人。美妓。明和一七六四‐七二)から寛政一七八九‐一八〇一)頃にかけて遊里で流行した語。
※浄瑠璃・関取二代勝負附(1768)「びりはびりじゃが、よもやあいつじゃ有るまい」
⑨ みつぼ博打で「二」のこと。一説に、「七」。また、三個の(さい)の目の合計が七・一二・一七となったときの称。
随筆・独寝(1724頃)下「三つぼはただびり・しく・はち・とふなどといふことばありて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「びり」の解説

びり

いちばんあとの順位最下位。どんじり。「成績はクラスでびりだ」
人体のしり
「酒を買って、—を切られると云ふ事があるでないか」〈伎・関取菖蒲𥿠〉
美人。また、女郎。
「人情を知っては、—の商売はまあ出来ねえかたちさ」〈洒・妓娼精子〉
[類語](1しんがりどんじりどんけつびりっけつ最後しりけつ最後尾末尾

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android