びり(読み)ビリ

デジタル大辞泉の解説

びり

いちばんあとの順位。最下位。どんじり。「成績はクラスでびりだ」
人体の尻(しり)。
「酒を買って、―を切られると云ふ事があるでないか」〈伎・関取菖蒲𥿠〉
美人。また、女郎。
「人情を知っては、―の商売はまあ出来ねえかたちさ」〈洒・妓娼精子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びり

一番下の順位。最下位の者。 「かけっこで-になる」 「 -から二番目の成績」
人の尻。また、男女の情交。 「 -出入り大家もちつとなまぐさし/柳多留 4
人をののしっていう語。 「こりや、-め/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
遊女。女郎。 「人情を知つては、-の商売はまあできねえかたちさ/洒落本・妓娼精子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びりの関連情報