コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふきのとう

百科事典マイペディアの解説

ふきのとう

フキの若い花茎。花が開かぬ前の鱗片状の包葉に包まれたものを食用にする。特有の芳香苦味があり,焼いたり,ゆでたりしたものに練りみそをつけて食べたり,てんぷら,つくだ煮などに,また刻んで吸物の実にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふきのとう
ふきのとう / 蕗の薹

キク科の植物、フキの花茎。早春、鱗片(りんぺん)状の苞(ほう)に包まれた塔状の花茎が伸びる。これをふきのとうとよんで、吸い物や前菜とし、青臭い特有の香りとほろ苦味を季節感とともに味わう。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のふきのとうの言及

【フキ(蕗)】より

…花をつける地上茎には舌状の苞状葉をつける。葉柄を〈ふき〉,花茎を〈ふきのとう〉といっている。栽培品種は日本で野生系統から選抜,淘汰されたものであり,愛知早生ブキやミズブキは三倍体で,軟質で大型になり,促成栽培に適し品質もよい。…

※「ふきのとう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ふきのとうの関連キーワード蕗・苳・款冬・菜蕗ふき・ふきのとう野草(植物)水上 多世フキ(蕗)布の絵本栃木県山代巴秋田県山菜とう

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふきのとうの関連情報