コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふきのとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふきのとう
ふきのとう / 蕗の薹

キク科の植物、フキの花茎。早春、鱗片(りんぺん)状の苞(ほう)に包まれた塔状の花茎が伸びる。これをふきのとうとよんで、吸い物や前菜とし、青臭い特有の香りとほろ苦味を季節感とともに味わう。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のふきのとうの言及

【フキ(蕗)】より

…花をつける地上茎には舌状の苞状葉をつける。葉柄を〈ふき〉,花茎を〈ふきのとう〉といっている。栽培品種は日本で野生系統から選抜,淘汰されたものであり,愛知早生ブキやミズブキは三倍体で,軟質で大型になり,促成栽培に適し品質もよい。…

※「ふきのとう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ふきのとうの関連キーワード蕗・苳・款冬・菜蕗ふき・ふきのとう野草(植物)水上 多世フキ(蕗)布の絵本山代巴栃木県秋田県山菜とう

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふきのとうの関連情報