コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼてぼて茶 ぼてぼてちゃ

3件 の用語解説(ぼてぼて茶の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぼてぼてちゃ【ぼてぼて茶】

出雲地方に伝わる飲茶法。大ぶりの茶碗に飯・煮豆・漬物・味噌などを入れて番茶を注ぎ、茶筅でかきまぜて飲む。 〔「ぼてぼて」は、かきまぜる時の音〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼてぼてちゃ【ぼてぼて茶】

主として島根県松江などの日本海側に残る飲茶習俗の一つ。〈ぼてぼて〉とは大型の茶筅を振る音から生じた名称で,ばたばた茶(富山県朝日町),ぶくぶく茶(沖縄)ともいう。茶道の茶碗より少し大型の茶碗に,番茶や煎茶,あるいは発酵させた黒茶を釜で煮立てたものを入れ,茶筅の先に塩をつけてよく振り細かく泡をたてる。これに好みの具(赤飯,黒豆飯,山菜,漬物など)を適当に入れて飲む(地方によって入れないところもある)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぼてぼて茶
ぼてぼてちゃ

島根県松江地方の郷土料理。番茶に干した茶の花を加えて煮出し、しばらくして芳香がたつとこれを柄杓(ひしゃく)で茶碗(ちゃわん)に移し、茶筅(ちゃせん)の穂先に塩少々をつけてぼてぼてと茶碗の縁に当てて泡をたて、漬物などの具を入れて供した。昔は大きな親茶碗で泡をたてて小さい茶碗に分けた。なお、この地方の旧家にはそれぞれ特有のぼてぼて茶が伝わっている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼてぼて茶の関連キーワード島根松江城美保関島根大学グリーンタフ地域佐陀川美保の北浦松江玉造ハーフマラソン生島竹雨園山勇

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぼてぼて茶の関連情報