コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もみ(籾)

世界大百科事典 第2版の解説

もみ【もみ(籾)】

稲の成熟した穀粒はもみ殻(稃(ふ))で包まれている。もみ殻をもったままのをもみ,あるいはもみ米という。これからもみ殻を除けば玄米となる。もみ殻を取り除くのにはゴムロール式のもみすり機が使われており,2本のゴムロールの間をもみが通るとき,すれてもみ殻がはずれるしくみになっている。もみから玄米をとる割合をもみすり歩合といい,重量では75~85%,容量では50~60%となるのが普通である。 世界の米産国では米はだいたいもみの形態で貯蔵されており,アメリカでは大きなサイロでばら貯蔵が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のもみ(籾)の言及

【米】より

…イネの種実をいう。収穫された米はもみ殻をかぶっており,これを〈もみ(籾)〉という。日本では,もみ殻をはずした玄米の形で包装,集荷,貯蔵するのが多いが,最近一部ではもみのばら集荷,貯蔵が行われている。…

※「もみ(籾)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

もみ(籾)の関連キーワードカントリーエレベーターもみすり機(籾摺機)もみすり(籾摺)機ライスセンター草津湯もみ唄ハンドドリルもみ(籾)殻懸念もない揉みくちゃ生え下り万石通し胡瓜揉み高等飛行磯辺卸し飯米農家揉み瓜一拉ぎ畜力機裏白樅筋揉み

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android