コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もみ(籾)

世界大百科事典 第2版の解説

もみ【もみ(籾)】

稲の成熟した穀粒はもみ殻(稃(ふ))で包まれている。もみ殻をもったままのをもみ,あるいはもみ米という。これからもみ殻を除けば玄米となる。もみ殻を取り除くのにはゴムロール式のもみすり機が使われており,2本のゴムロールの間をもみが通るとき,すれてもみ殻がはずれるしくみになっている。もみから玄米をとる割合をもみすり歩合といい,重量では75~85%,容量では50~60%となるのが普通である。 世界の米産国では米はだいたいもみの形態で貯蔵されており,アメリカでは大きなサイロでばら貯蔵が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のもみ(籾)の言及

【米】より

…イネの種実をいう。収穫された米はもみ殻をかぶっており,これを〈もみ(籾)〉という。日本では,もみ殻をはずした玄米の形で包装,集荷,貯蔵するのが多いが,最近一部ではもみのばら集荷,貯蔵が行われている。…

※「もみ(籾)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

もみ(籾)の関連キーワードカントリーエレベーターもみすり機(籾摺機)もみ(籾)殻ハンドドリル芽出し播き生え下り飯米農家胡瓜揉み稲掃き筵曲技飛行高等飛行磯辺卸し残り稲筋揉み磨り糠紅返し砕け米霰蕎麦紙子紙野扱き

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android