もんじゃ焼(き)(読み)モンジャヤキ

精選版 日本国語大辞典の解説

もんじゃ‐やき【もんじゃ焼】

〘名〙 (「もんじやき(文字焼)」の変化か) 熱した鉄板の上にゆるく溶いた小麦粉を流し、その中に野菜や魚介、肉などの具を入れて、混ぜながら焼いて食べるもの。
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉スケッチ・ブックから「二、三人の子供がモンヂャ焼(ヤキ)をやいてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のもんじゃ焼(き)の言及

【お好み焼】より

…この屋台の文字焼屋は,太鼓をたたいて流し歩いたため〈どんどん焼〉の名も生じた。また,文字焼をなまった〈もんじゃ焼〉の語もひろく分布しており,大阪などでは〈一銭洋食〉とも呼ばれた。なお,お好み焼に近いものに〈たこ焼〉があるが,これはくぼみをつけた鉄板,または銅板を用いる点で,文字焼よりはむしろ今川焼の系統に属するものである。…

※「もんじゃ焼(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android