コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆうちょ銀行(株) ゆうちょぎんこうJapan Post Bank Co.Ltd.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゆうちょ銀行(株)
ゆうちょぎんこう
Japan Post Bank Co.,Ltd.

日本郵政グループの銀行。正式名称は「株式会社ゆうちょ銀行」。郵政民営化により、2006年(平成18)9月1日、準備会社「ゆうちょ」として設立され、2007年10月1日、日本郵政公社が日本郵政グループへと民営化、分社化されたことに伴い現名称に変更された。
 日本郵政公社の事業のうち、郵便貯金をはじめとする為替貯金業務などを引き継いだ。貯金、送金・決済、資産運用、外貨両替などの銀行業務を行い、全国のゆうちょ銀行直営店や郵便局(銀行代理業者)がサービス提供窓口となる。なお、日本郵政グループは、持株会社の日本郵政株式会社のもとに、ゆうちょ銀行のほか、郵便局株式会社(郵便局)、郵便事業株式会社(日本郵便)、株式会社かんぽ生命保険(かんぽ生命)の四つの事業会社がある。
 2008年3月現在、資本金3兆5000億円(日本郵政株式会社の100%出資)、経常収益1兆3289億円、従業員数1万1201、貯金181兆7438億円、おもな事業所は、本店1、営業所234、地域センター49、貯金事務センター11、貯金事務計算センター2。本社所在地は東京都千代田区霞が関1-3-2。[編集部]
『戸原つね子著『公的金融の改革――郵貯問題の変遷と展望』(2001・農林統計協会) ▽塩田潮著『郵政最終戦争――小泉改革と財政投融資』(2002・東洋経済新報社) ▽松原聡著『これならわかる!「郵政民営化」』(2005・中央経済社) ▽郵政民営化研究会編『郵政民営化ハンドブック』(2006・ぎょうせい) ▽滝川好夫著『郵政民営化の金融社会学』(2006・日本評論社) ▽滝川好夫著『どうなる「ゆうちょ銀行」「かんぽ生保」――日本郵政グループのゆくえ』(2007・日本評論社) ▽野村健太郎著『郵政民営化の焦点――「小さな政府」は可能か』増補新訂版(2007・税務経理協会) ▽有田哲文・畑中徹著『ゆうちょ銀行――民営郵政の罪と罰』(2007・東洋経済新報社) ▽中公新書ラクレ編集部編『論争・郵便局が消える日』(中公新書ラクレ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゆうちょ銀行(株)の関連キーワード日本郵政公社(にっぽんゆうせいこうしゃ)郵便貯金簡易生命保険管理機構日本郵政(株)郵便局(株)定額貯金

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android