コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りょうけん座 りょうけんざCanes Venatici

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

りょうけん座
りょうけんざ
Canes Venatici

猟犬座。6月の宵に南中する北天星座。概略位置は赤経 13時,赤緯 40°。α星は二重星コル・カロリ。典型的な渦巻形をし,伴銀河をもち,子持ち銀河と呼ばれる渦状銀河 M51,球状星団 M3などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

りょうけん座
りょうけんざ / 猟犬座

春の宵の北の空高くに見える星座。北斗七星の南に割り込むような形で、うしかい座の連れている2匹の猟犬アステリオンとカラが入り込んでいる。昔はこの部分はおおぐま座に含まれていたが、17世紀のドイツの天文学者ヘベリウスが新しい星座として加えた。もっとも、原形は1536年に描かれた木版の星図に3匹の犬の星座として現れているので、実際にはヘベリウス以前からあったものらしい。α(アルファ)星コル・カロリは「チャールズの心臓」の意味で、1660年5月の王政復古によってイギリス王チャールズ2世が亡命先のパリからふたたびロンドンへ戻り、王位についたのを記念して、後年ハリー彗星(すいせい)でおなじみのE・ハリーが命名したものともっともらしく伝えられてきた。しかし、実際には王政復古のとき、チャールズ1世をたたえて当時の星図に「チャールズ1世の心臓」と記されたとするのが正しく、100年後の星図製作者の誤記であったものが、そのまま2世の心臓としていまに伝えられたものという。小望遠鏡での見ものとしては、M94、M63などの渦巻銀河(渦状銀河)がある。[藤井 旭]
『小林悦子文、藤井旭写真『春・夏の星座』(1992・講談社) ▽藪内清訳・解説『ヘベリウス星座図絵』(1993・地人書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

りょうけん座の関連キーワードメシエ・カタログコル・カロリ化学特異星チャールズ不規則銀河黒眼銀河磁変星カペラ猟犬座連星

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android