コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りょうけん座 りょうけんざ Canes Venatici

2件 の用語解説(りょうけん座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

りょうけん座
りょうけんざ
Canes Venatici

猟犬座。6月の宵に南中する北天の星座。概略位置は赤経 13時,赤緯 40°。α星は二重星コル・カロリ。典型的な渦巻形をし,伴銀河をもち,子持ち銀河呼ばれる渦状銀河 M51,球状星団 M3などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

りょうけん座
りょうけんざ / 猟犬座

春の宵の北の空高くに見える星座。北斗七星の南に割り込むような形で、うしかい座の連れている2匹の猟犬アステリオンとカラが入り込んでいる。昔はこの部分はおおぐま座に含まれていたが、17世紀のドイツ天文学者ヘベリウスが新しい星座として加えた。もっとも、原形は1536年に描かれた木版の星図に3匹の犬の星座として現れているので、実際にはヘベリウス以前からあったものらしい。α(アルファ)星コル・カロリは「チャールズの心臓」の意味で、1660年5月の王政復古によってイギリス王チャールズ2世が亡命先のパリからふたたびロンドンへ戻り、王位についたのを記念して、後年ハリー彗星(すいせい)でおなじみのE・ハリーが命名したものともっともらしく伝えられてきた。しかし、実際には王政復古のとき、チャールズ1世をたたえて当時の星図に「チャールズ1世の心臓」と記されたとするのが正しく、100年後の星図製作者の誤記であったものが、そのまま2世の心臓としていまに伝えられたものという。小望遠鏡での見ものとしては、M94、M63などの渦巻銀河(渦状銀河)がある。[藤井 旭]
『小林悦子文、藤井旭写真『春・夏の星座』(1992・講談社) ▽藪内清訳・解説『ヘベリウス星座図絵』(1993・地人書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょうけん座の関連キーワード一角獣座海豚座大犬座髪座馭者座麒麟座小犬座艫座猟犬座牛飼座

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

りょうけん座の関連情報