アイオン台風(読み)アイオンたいふう

百科事典マイペディアの解説

アイオン台風【アイオンたいふう】

1948年9月16日,関東南部に上陸し,関東北部山岳地帯に200〜300mmの大雨を降らせた台風。北上川の支流磐井(いわい)川の堤防決壊により大災害が発生した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイオンたいふう【アイオン台風】

1948年9月16日,北上してきたアイオン台風は中心示度940~960hPaという強い勢力を保ちながら,紀伊半島沖から北東進して伊豆半島をかすめ,仙台沖を北東に去った。静岡県から関東地方雨量が多く箱根で500mmをこえた。東北地方の一関では磐井川山津波で多数の死傷者を出し宮古付近で洪水被害が大きかった。全国の死者512名,負傷者1959名など第2次大戦後の復興未だという国土に大きな被害を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイオン台風
あいおんたいふう

1948年(昭和23)9月15~17日に関東、甲信および東北地方に風水害をもたらした台風。強い勢力を保ったまま東海道沖を北東進し、伊豆半島南端をかすめて17日0時過ぎ房総半島に上陸し、その後鹿島灘(かしまなだ)から三陸沖へ進んだ。台風の中心付近では風が強く、台風前面の前線活動が活発になり、東北地方では、北上川(きたかみがわ)やその支流が氾濫(はんらん)して死者・行方不明者が700人を超えた。とくに、一関(いちのせき)の山津波、宮古(みやこ)の洪水などで被害が著しく、全国では死者・行方不明者838人であった。アイオンIoneの名称の由来は、第二次世界大戦後に連合軍気象隊が台風の発生順序に従ってABC……の頭文字をもつ女性名を順次つけていったことによる。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアイオン台風の言及

【北上川】より

…また本流と各支流との合流点には古くから都市が形成されたが,脊梁山地側で年降水量が2000~2400mmと多いこともあって,盛岡,一関などでしばしば大洪水をおこした。特に狐禅寺の狭窄部では通水能力が6300m3/sなのに対して,1948年のアイオン台風では9000m3/sの洪水が押し寄せ,一関市全戸数の80%が損害をこうむった。仙台平野に至っても,出水時には本流の水が支流に逆流し,甚大な被害を及ぼしている。…

※「アイオン台風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android