アイデアリズム(英語表記)Idealism

翻訳|idealism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイデアリズム
Idealism

あらゆる存在を広い意味での idea (観念) に還元しようとする観念論。倫理の立場からは,あらゆる実践をなんらかの ideal (理想的な) 実現に向けようとする理想主義をいう。 (→イデア )  

アイデアリズム
Idealism

制作の規範を自然の個別性,偶然性をこえた理想美におく立場。自然主義あるいは写実主義 (→リアリズム ) に対立する態度をいう。ギリシア美術ルネサンス美術におけるように,写実性に立脚しつつ理想美を追求した様式も理想主義の典型と考えられる。しかし一般に,特定の運動,一定の様式ではなく,制作者の心的態度をさす言葉であり,各種の宗教美術古典主義ロマン主義象徴主義など,それぞれに理想主義的態度を内包するものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアイデアリズムの言及

【理想主義】より

…〈理想ideal〉を実現の課題ないし目標とする立場で,現実主義,現在主義に対立する。アイデアリズムともいう。理想は明治10年代以来の訳語であるが,理想主義は大正時代のそれであり,明治40年代には理想論と訳されていた。…

※「アイデアリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android