コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイネシデモス アイネシデモス Ainesidēmos

3件 の用語解説(アイネシデモスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイネシデモス
アイネシデモス
Ainesidēmos

前1世紀頃のギリシアの懐疑論者。懐疑論の立場について 10の根拠 (トロポイ) をあげたことで有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アイネシデモス【Ainēsidēmos】

クノッソス出身のギリシア哲学者。生没年は不詳だが,およそ前1世紀ころの人。ピュロンに始まる懐疑派の哲学を大きく発展させた。その著《判断中止の理由》は懐疑哲学の代表作である。ディオゲネス・ラエルティオスの《ピュロン伝》にその学説をうかがうことができる。セクストス・ホ・エンペイリコスの懐疑哲学は,ほとんどが彼の学説の祖述である。【大沼 忠弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイネシデモス
あいねしでもす
Ainesidmos

生没年不詳。1世紀ごろのギリシア懐疑派の哲学者。クノッソス出身。著作は残っていないが『ピュロン式議論』などが知られている。彼の哲学の目的は、アカデメイアアンティオコスの影響下で失った懐疑主義を再興することにあった。懐疑派のモデルになった10か条の懐疑の方式tropoiの発見者である。それによれば感覚、知識は、(1)動物各種族の身体構造、(2)人間各個人の体質、(3)各感覚器官の構造、(4)生理心理上の条件、(5)対象の位置、距離、場所、(6)感覚の媒体、(7)対象の量、(8)できごとの頻度、(9)文化、習慣、法律、に依存しており、総じて、(10)あらゆる知識は相対的である、とした。
 以上より、物の本性の確実な知識は不可能で、判断中止(エポケー)を提唱した。また彼にあっては因果性も否定された。[山本 巍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアイネシデモスの言及

【懐疑論】より

…彼らはストア主義を独断論として攻撃し,とくに後者は蓋然的知識で満足すべきことを説いた(アカデメイア派ないし新アカデメイア派の語も懐疑論者の代名詞として用いられることがある)。後期にはアイネシデモスやセクストス・ホ・エンペイリコス等が属するが,前者は感覚的認識の相対性と無力さを示す10の根拠を提示したことで知られ,後者は経験を重んずる医者として諸学の根拠の薄弱さを攻撃し,またその著書はギリシア懐疑論研究の主要な資料となっている。近世においては,ルネサンスの豊かな思想的混乱の中で懐疑思想も復活し,伝統的な思想や信仰を批判する立場からも,逆にそれを擁護する立場からもさまざまなニュアンスの懐疑論が主張されたが,その中でもモンテーニュのそれはたんに否定的なものにとどまらず生を享受する術となっている点で,またパスカルのそれはキリスト教擁護の武器として展開されているにもかかわらず作者の意図を越えて人間精神の否定性の深淵を垣間見させてくれる点でそれぞれ注目に値する。…

※「アイネシデモス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイネシデモスの関連キーワードアルテミドロスギリシア哲学テオフラストスギリシャ哲学セクストスホエンペイリコスパルナソスクノッソスの宮殿セクストス・ホ・エンペイリコスディオゲネス・ラエルティオスクノッソス文書

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone