コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグスト[2世] アウグスト

2件 の用語解説(アウグスト[2世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アウグスト[2世]【アウグスト】

ポーランド国王(在位1697年―1733年)。強力王と呼ばれるドイツザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク3世の子として生まれ,1694年フリードリヒ・アウグスト1世としてザクセン選帝侯となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アウグスト[2世]【August II】

1670‐1733
ポーランドの国王。在位1697‐1733年。〈強力王〉と称された。1694年にザクセン選帝侯(フリードリヒ・アウグスト1世),97年にポーランド国王となる。ルイ14世にあこがれ,ポーランドにも絶対主義的な支配を導入しようとするが成功しない。ロシアと結んでスウェーデン北方戦争を戦ったのも,スウェーデン領リボニアをポーランド領に併合することでシュラフタ(貴族)の好意を得ることができると考えたからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアウグスト[2世]の言及

【ポーランド】より

…すでに1525年,ルター主義の普及で崩壊の危機にしたドイツ騎士団を,ジグムント1世父王Zygmunt I Stary(1467‐1548。在位1506‐29)はプロイセン公国としてその保護下に置いたが,61年にジグムント2世アウグストZygmunt II August(在位1529‐72)は,同じ危機に直面したリボニアの刀剣騎士団の旧領地の西半分をクールラント公国としてその保護下に置くとともに,その東半分をポーランドに併合してしまった。この処置にロシアのイワン世(雷帝)が反対し,以後およそ1世紀も続くことになるリボニア戦争が始まることになった。…

【マイセン磁器】より

…ヨーロッパでは,18世紀初めまで軟磁しか存在せず,中国から清代初期以降盛んに輸出された五彩磁器や日本の伊万里焼(有田焼)の模倣を行っていた。東洋の磁器の収集家で知られるザクセンのアウグスト2世はJ.F.ベットガーに命じて,1709年ヨーロッパで最初の硬質磁器焼成を成功させた。翌年王はマイセンのアルブレヒト城内に王立マイセン磁器製作所を創設,ベットガーのもとで朱泥手の炻器(せつき)の生産を始め,3年後にはカオリンを用いて白磁器を焼成した。…

※「アウグスト[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アウグスト[2世]の関連キーワード宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史ハイチ都井岬カナレット賀茂真淵噶爾丹北島雪山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone