コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオイ科 アオイか Malvaceae

2件 の用語解説(アオイ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオイ科
アオイか
Malvaceae

双子葉植物アオイ目の1科。新旧両大陸の熱帯,亜熱帯地方を中心に約 75属 1000種ほどが知られる。草本植物が多いが,低木種や高木種も含む。葉は互生し,掌状に裂けるものが多い。花は単生または集散花序をつくり,5数性の両性花で片,花弁は5枚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオイ科
あおいか
[学]Malvaceae

双子葉植物、離弁花類。草本、低木または小高木。葉は単葉で掌状脈をもつ。花は両性で放射相称。花弁は5枚で、つぼみのとき渦巻状に畳んでいる。雄しべは多数、花糸は合着して筒をつくり雌しべを取り巻く。果実は(さくか)。75属1000種ほどあり、温帯から熱帯にかけて分布する。日本にはフヨウ属、ボンテンカ属、キンゴジカ属などが野生するほか、オクラ、トロロアオイ、ワタなどの有用植物や、ムクゲ、ブッソウゲなどの観賞植物がある。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアオイ科の言及

【アオイ(葵)】より

…徳川家の“葵の紋”のアオイはウマノスズクサ科のフタバアオイであるし,フウロソウ科のペラルゴニウム(テンジクアオイ)がアオイと呼ばれることもある。しかしアオイ科のタチアオイが,また江戸時代以降はフユアオイがアオイと呼ばれていることが多いので,この類について述べる。 フユアオイMalva verticillata L.(英名curled mallow)は中央アジア原産の大型一~二年草あるいは多年草で,観賞,食用または薬用とされる。…

※「アオイ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アオイ科の関連キーワード子葉双子葉植物托葉単子葉植物主根合弁花類網状脈双子葉類ワタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオイ科の関連情報