コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオノリ(青海苔) アオノリEnteromorpha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオノリ(青海苔)
アオノリ
Enteromorpha

緑藻類アオサ目アオサ科に属する海藻で,スジアオノリ,ヒラアオノリ,ボウアオノリウスバアオノリ,ホソエダアオノリなどいろいろな種がある。藻体は細長い。原則的に細胞が中空の管状に並んで藻体を構成しているが,種によって藻体の一部が平らになってアオサのように2層の細胞層となり,また種によっては管が切り開かれたようになってヒトエグサのように1層の細胞層となる。高潮線に近い岩石上に生育するもの,外洋の波をかぶる岩上に生育するものなどがある。ホソエダアオノリなどは淡水にも生育する。長さ 10cm以上になるものは食用にできる。ウスバアオノリはしばしばアサクサノリの養殖の際,雑藻として海苔ひびの上に生じるので嫌われるが,単独に生える場合は,これをすいて食用にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アオノリ【アオノリ(青海苔)】

緑藻類アオサ科アオノリ属Enteromorphaの総称。また干して食品にした製品もいう。アオノリ属は日本各地の内湾・外海の海岸で,とくに河口近くの遠浅で波静かなところに多く生育する。体は暗緑色または青緑色,管状で内部は中空。管状の体の壁部は一重の細胞層からなる。15種ほど知られ,そのほとんどが食用可能である。とくにスジアオノリ,ウスバアオノリ,ヒラアオノリ,ボウアオノリが食用とされる。これらはアサクサノリに混じって生育する場合があり,そのまま抄(す)きあげたものが〈混ぜノリ〉と称する〈浅草海苔〉の下級品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報