アカウント(英語表記)account

翻訳|account

DBM用語辞典「アカウント」の解説

アカウント【account】

(1)インターネットのサービスを利用することができる利用資格。通常、プロバイダが利用する顧客ごとにアカウントを割り当てる。(2)広告代理店の顧客・得意先(個人や企業)。広告代理業では、その得意先である広告主のことをアカウント、またはクライアントと呼ぶ。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

知恵蔵「アカウント」の解説

アカウント

端末やネットワークサービスを利用するための権利をユーザーIDなどの形態で表現したもの。システムユーザー個別に識別するのに利用され、専用のデータ保存領域を与える、個別の設定を記録する、許可された機能やサービスを提供する、といった機能が実現される。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

とっさの日本語便利帳「アカウント」の解説

アカウント

特定のサービスや機械などを「利用する権利」。特にインターネットにおいては、そのサービスにアクセスするためのIDのことを指す場合もあるため、メールを読み書きするためのIDのことを、メールアカウントという場合もある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典「アカウント」の解説

アカウント

〘名〙 (account)
① (貸借の)勘定。また、勘定書、請求書。〔外来語辞典(1914)〕
② コンピュータのネット上でのサービスを受ける資格。また、そのためのIDなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アカウント」の解説

アカウント(account)

貸借の勘定。計算。また、勘定書。計算書。
コンピューターやコンピューターネットワークを利用する権利。または、利用者を識別する上で必要な符号文字列のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android