コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカクローバー red clover

翻訳|red clover

2件 の用語解説(アカクローバーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アカクローバー【red clover】

牧草として利用するマメ科の多年草で,アカツメクサムラサキツメクサともいう。原産地アジア西部から中東地域で,南ヨーロッパには13世紀に伝わったが,ヨーロッパ全域に普及したのは18世紀になってからである。日本には18世紀にオランダから伝わったが,牧草として栽培されたのは明治初期アメリカからの導入以降である。今では各地の野原や路傍に野生化しているものもある。 株立ちになる茎に互生する葉は3枚の小葉からなる複葉で,長い柄がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカクローバー
あかくろーばー
red clover
[学]Trifolium pratense L.

マメ科の多年草。ムラサキツメクサ、アカツメクサの別名がある。葉は3枚の小葉からなる複葉で、普通、小葉にはV字形の白斑(はくはん)がある。葉柄は長く、葉液(ようえき)から次々に分枝が出て、30~90センチメートルほどになる。夏から秋に、30~100個の小花が球状に集まった花穂がつく。花は濃赤紫色から淡紅色、白色のものまである。茎葉を飼料とし、青刈りや乾草、サイレージとして利用する。アジア西部から中東地域が原産地で、南ヨーロッパには13世紀に伝わった。日本には18世紀にオランダから伝来、牧草としての栽培は明治初期にアメリカから再導入されてからである。現在では各地の山野に広く野生化している。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアカクローバーの言及

【ハチ(蜂)】より

…イギリスの公園などで,天気の悪い肌寒い日に元気に活動している昆虫はこのハチだけということがある。またこれは牧草,ことにアカクローバーの受粉には欠かせないハチである。かつてニュージーランドに羊を導入したイギリス人は,その食物としてアカクローバーをまいたが,ニュージーランドでは種子ができず,毎年イギリスから種子を輸入していた。…

【豆】より

…豆類を産出するマメ科植物は窒素固定を行う根粒菌の共生による根粒を有している。そのため土壌中の窒素分が少ないやせた土地でもよく生育するものも多く,シロクローバー(シロツメクサ),アカクローバー(アカツメクサ),ウマゴヤシなど草本性の種では,牧草として広く利用されるものが多い。マメ科の牧草は土地を肥沃にするだけでなく,タンパク質やアミノ酸の含有量も高いため良好な家畜飼料になる。…

※「アカクローバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone