コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカタチ Acanthocepola krusensternii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカタチ
Acanthocepola krusensternii

スズキ目アカタチ科の海水魚。全長 40cmになる。体は著しく長く,側扁し,平ひも状。吻は短く,眼は大きい。口は斜め上向きで,大きい。比較的浅いところにすみ,底引網で漁獲される。南日本から東シナ海に分布。食用となるが雑魚として取り扱われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカタチ【Acanthocepola krusensterni】

スズキ目アカタチ科の海産魚(イラスト)。日本の中・南部沿岸,東シナ海でふつうに見られる。関東各地でアカタチと呼ぶが,和歌山県田辺でナガタナ,淡路島,長崎でシャケノウオ,四国の川之江でミコノヒモ,鹿児島でタイマツイオなどの呼名がある。アカタチの名は体色が赤色であり,体がタチウオのように帯状であることによる。また地方名もこの特徴に由来するものが多い。また,このため背びれとしりびれは前後に著しく長く尾びれと連続しており,肛門は胸びれの下方にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカタチ
あかたち / 赤太刀
yellowspotted bandfish
[学]Acanthocepola krusensterni

硬骨魚綱スズキ目アカタチ科に属する海水魚。南日本から南シナ海に分布し、水深50メートルぐらいの砂泥底にすむ。体は側扁(そくへん)し、後方は紐(ひも)状で長く延長する。背びれ、臀(しり)びれ、尾びれは連続する。体色は赤色で、背側に淡黄色の円点が一列に並ぶ。近似種に背びれ前部に黒斑(こくはん)があるイッテンアカタチA. limbataや、上あごに黒斑があるスミツキアカタチCepola schlegeliが知られている。これら2種はアカタチより少し大きく全長50センチメートルに達し、水深100メートルぐらいの砂泥底にすむ。アカタチ類は底引網で漁獲されるが、体が小さくて利用価値は低く、かまぼこの材料にされる。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカタチの関連キーワード墨付赤太刀片山正夫底甘鯛赤太刀