アガシー(読み)あがしー(英語表記)Alexander Emanuel Agassiz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガシー(Alexander Emanuel Agassiz)
あがしー
Alexander Emanuel Agassiz
(1835―1910)

アメリカの海洋学者。古生物学者、地質学者のJ・L・R・アガシーを父にスイスに生まれる。ハーバード大学を卒業後、鉱山技師となり、鉱山経営で成功し巨富を得た。父の創設したハーバード大学の比較動物学博物館(いわゆるアガシー博物館)に多額の寄付をして長年その管理にあたった。アメリカ沿岸測量局の観測船ブレーク号、アメリカ水産委員会のアルバトロス号で西インド諸島近海、東太平洋、東太平洋赤道域、ベーリング海、オホーツク海、日本近海の広範な海洋観測に従事し、航海の総航程10万海里(18万5200キロメートル)に達した。これによってこれら海域の海底地形、海洋生物の諸相を明らかにし、またカリブ海の成因について地質学的考察を行った。鉱山技師だった経験をいかして、ブレーク号のシグズビーCharles D. Sigsbee(1845―1923)船長とともに、それまでの麻ロープにかわる鋼索使用の曳航(えいこう)式採泥器、シグズビー測深機を考案、これらの海洋測器は一時期広く使用された。彼の指揮によるアルバトロス号の1891年の東太平洋、1899~1900年の太平洋赤道域、1904~1905年の東太平洋熱帯域の観測はとくに著名で、『アルバトロス号観測報告』は海洋大探検報告の古典の一つとされている。アメリカに近代的な海洋学、海洋観測の基礎を築いた意味で「アメリカ海洋学の鼻祖」といわれる。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アガシーの関連情報