コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキアミ

3件 の用語解説(アキアミの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アキアミ

 [Acetes japonicus]アミの一種で,アミ科の甲殻類,食用にされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アキアミ

サクラエビ科に属する小型のエビ。アミの類ではない。体形はサクラエビに似て,第2触角は非常に長く中途で折れ曲がり細かい毛を密に対生する。体長3cmくらい。富山湾瀬戸内海有明海,韓国西岸,東南アジアインドの浅海に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキアミ
あきあみ
[学]Acetes japonicus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目サクラエビ科に属する食用エビ。体長4センチメートル内外。淡紅色で、死ぬと白色になる。瀬戸内海から九州、朝鮮半島、東南アジアを経てインドまで分布する。サクラエビに似ているが、第1胸脚にはさみをもつことや発光器がないことなどによって区別される。秋に孵化(ふか)したものが越年世代(第2夏世代の仔(こ))で、翌年5~7月に産卵して死ぬ。この卵が孵化したものが第1夏世代で、急速に成長して7~8月には産卵して死ぬ。これが孵化して第2夏世代となり、9~10月に産卵して死ぬ。
 サクラエビの代用とするほか、塩漬けにして食用とする。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アキアミの関連キーワードアカエビサクラエビ虎海老沼海老箱海老赤蝦桜蝦条蝦バナナエビメキシコエビ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone