コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキナケス アキナケス akinakes

3件 の用語解説(アキナケスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキナケス
アキナケス
akinakes

アケメネス朝イランスキタイで用いられた短剣のギリシア名。長さ 40~60cm。両刃で断面は平たい菱形,柄の部分は扁平,柄頭はT字状,触角状,環状をなしている。青銅製と鉄製の2種があり,南ロシアからシベリア,中国北部にいたる北方ユーラシア地帯から比較的多数出土している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アキナケス

スキタイをはじめ,ユーラシア大陸北部の遊牧民が使用した両刃鉄製の短剣。ヘロドトスの記録がある。長いものでも50cm程度,柄のわりに刃部が短く,鐔(つば)の部分が二葉形なのが特色。
→関連項目パジリク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アキナケス【akinakēs[ギリシア]】

前7世紀末から前4世紀前半にかけて,メディア人スキタイ人が愛用した鉄剣。全長60~80cm。心葉形の鞘口の一側に孔をあけた耳状の突起があり,これによって腰帯に懸垂し,鞘尻に鐺(こじり)を設けてここに革紐をつけて大腿部に結びつける。柄や鞘にはアニマル・スタイル打出し文をもった黄金の飾板をかぶせる。同じ頃のペルシア人の剣は,ペルセポリスの浮彫によると,剣身が幅広で短く,腰帯に斜めに挿し込んで佩用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アキナケスの関連キーワードアラム人ターレル達延汗Βόλος宮城県名取市植松兵庫県小野市黍田町奈良県橿原市五条野町奈良県奈良市神功交野女王エウテュミデス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone