コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキナケス アキナケスakinakes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキナケス
akinakes

アケメネス朝のイランやスキタイで用いられた短剣のギリシア名。長さ 40~60cm。両刃で断面は平たい菱形,柄の部分は扁平,柄頭はT字状,触角状,環状をなしている。青銅製と鉄製の2種があり,南ロシアからシベリア,中国北部にいたる北方ユーラシア地帯から比較的多数出土している。アケメネス朝のそれはペルセポリス浮彫に描かれており,中国史料『漢書』に径路刀とあるのもこれである。鐔 (つば) の部分が2個のハート状になっているのが特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アキナケス

スキタイをはじめ,ユーラシア大陸北部の遊牧民が使用した両刃鉄製の短剣。ヘロドトスの記録がある。長いものでも50cm程度,柄のわりに刃部が短く,鐔(つば)の部分が二葉形なのが特色。
→関連項目パジリク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アキナケス【akinakēs[ギリシア]】

前7世紀末から前4世紀前半にかけて,メディア人,スキタイ人が愛用した鉄剣。全長60~80cm。心葉形の鞘口の一側に孔をあけた耳状の突起があり,これによって腰帯に懸垂し,鞘尻に鐺(こじり)を設けてここに革紐をつけて大腿部に結びつける。柄や鞘にはアニマル・スタイルの打出し文をもった黄金の飾板をかぶせる。同じ頃のペルシア人の剣は,ペルセポリスの浮彫によると,剣身が幅広で短く,腰帯に斜めに挿し込んで佩用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アキナケスの関連キーワードマイエミール文化

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android