コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキレス腱 アキレスけん Achilles tendon

6件 の用語解説(アキレス腱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキレス腱
アキレスけん
Achilles tendon

踵骨腱ともいう。下腿三頭筋と踵骨を結ぶ強靭な腱。ギリシアの伝説上の英雄アキレウスにちなんで名づけられた。形状,機能ともに人体で代表的な腱である。アキレス腱断裂は,平素あまり運動しない人が急に運動した場合に生じやすいといわれているが,プロの運動選手が十分に準備運動をしたあとでも,しばしば発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アキレス‐けん【アキレス×腱】

ふくらはぎにある腓腹(ひふく)筋平目(ひらめ)筋を、かかとの骨に付着させる、人体中最大の。踵骨腱(しょうこつけん)。
《神話アキレウスの故事から》いちばんの弱点。「相手のアキレス腱をつく」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アキレス腱【アキレスけん】

踵(かかと)のすぐ上にある1本の人体中最も太い腱。下腿三頭筋が下方でこの腱となって,踵(しょう)骨に連なり,筋の収縮によって踵を上方にひき,つま先を下に向ける。
→関連項目あし(肢/脚/足)尖足

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アキレスけん【アキレス腱 Achilles tendon】

正式には踵骨腱(しようこつけん)tendo calcaneusという。本体は下腿三頭筋の停止腱で,踵骨に付着している。下腿三頭筋は,ふくらはぎの膨らみを作る筋で,したがってアキレス腱とともに,下腿の後面で皮膚の上からよく触れることができる。下腿三頭筋は,その名の示すとおり三つの筋から成り,最も表層にある腓腹筋には大腿骨下端の内外両側より起こる内側頭と外側頭があり,その深層に扁平で幅の広いひらめ筋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アキレスけん【アキレス腱】

〔ギリシャ神話の、かかとを射られて死んだアキレスの故事による〕 かかとの骨とふくらはぎの筋肉とをつなぐ腱。人体中最大の腱で、歩いたりつま先立ちをするときに重要なはたらきをする。踵骨腱しようこつけん
一番の弱点。 「ここが彼の-だ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキレス腱
あきれすけん

下腿(かたい)後面のふくらはぎの下方からかかとの骨(踵骨(しょうこつ))に向かって走る、皮下に触れる索状の腱。解剖学名を踵骨腱という。ふくらはぎの筋である下腿三頭筋(腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋で構成)と踵骨とを結ぶ腱で、体のなかではもっとも強大な腱である。下腿三頭筋の急激な収縮によってアキレス腱に不自然な方向の伸張力がかかると、裂傷を生じることがあり(アキレス腱断裂)、ギプス固定あるいは縫合手術で治療する。なお、アキレス腱の名は、ホメロスの叙事詩『イリアス』に出てくる不死身の英雄アキレウスが、唯一の弱点であるこの腱に傷を受けて倒れたとの伝説からつけられたという。[嶋井和世]

アキレス腱反射

下腿軸と足とを直角の位置にしてアキレス腱をたたくと、足は足底(足の裏)側に反射的に伸展する。この現象をアキレス腱反射といい神経障害の検査に用いられる。この反射が正常でないと脊髄(せきずい)の仙髄部分やこの高さの脊髄神経の故障を疑う。[嶋井和世]

アキレス腱断裂

アキレス腱の皮下断裂はスポーツ外傷として跳躍、疾走などの際におこる。腓腹筋(ひふくきん)が緊張状態にあるときに、足関節が急に強く背屈を強いられると断裂する。その瞬間に激痛を感じ、音を発することもある。つまさき立ちができなくなる。不完全断裂と完全断裂があり、ギプス固定あるいは手術が必要である。完治すればスポーツがふたたびできるようになる。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアキレス腱の言及

【アキレウス】より

…テッサリア地方のフティア王ペレウスPēleusと海の女神テティスThetisとの子。赤子のころ,わが子を不死身にしようと願ったテティスによって冥界の川に浸されたが,母親の手がつかんでいたかかと(踵)だけは生身のままに残った(アキレス腱)。成人後,出征すれば早世する運命にあるとの母親の警告をふりきってトロイアに渡り,めざましい働きを示したものの,戦争の10年目に,捕虜の女奴隷をめぐる総大将アガメムノンとの争いがもとで戦闘を放棄,味方を敗北寸前にまで追い込んだ。…

【足∥肢】より

…このほかに足底には数個の種子骨がある。これらの骨はいずれも皮膚の表面からさわることができるが,なかでも踵骨は,大きくて,強く後ろ下のほうに突き出してかかとの支柱をなし,また人体最大の腱,アキレス腱がつくので重要である。下腿と足根との間の関節は脛骨と腓骨の間に距骨がはまりこんでできるので,これを距腿関節という。…

【筋肉】より

…両頭は間もなく合して一つの筋肉となり,下腿の下半部で強大な停止腱に移行する。この停止腱を踵骨腱(俗にいうアキレス腱)といい,踵骨に付着して終わる。この腱には,腓腹筋の深層にあるひらめ筋も合して共同の腱をつくる。…

※「アキレス腱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アキレス腱の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アキレス腱の関連情報